ダイエット中に飲んでもマシなお酒とNgなお酒を簡単解説!!

お酒はダイエットの敵!と分かっていてもついつい付き合いや外食で飲んでしまうお酒。
今回の記事では、ダイエット中だけど飲んでもマシなお酒とNGなお酒を簡単に解説して
いきたいと思います。

カロリーや飲み方などを知って意識するだけで量などを調整でき
ついついやってしまう飲み過ぎをコントロールできるようになりますよ。

1,ダイエット中に飲んでもマシなお酒ベスト3

1-1.ハイボール

ハイボールは女性に人気のお酒ではないでしょうか!

ハイボールはウイスキーを炭酸水で割ったものですが、ウイスキーそのものは蒸留酒であり
糖質がほぼ0です。

他のアルコールであるワインや日本酒やビールには原材料の糖質がどうしても含まれて
しまうので太りやすくなります。

ハイボールのカロリーは100gあたり50kcalあたりです。(味なし)
味つきになったコークハイやジンジャーハイなどのハイボールだと65kcalほどです。

145kcalのビールや200kcalの日本酒に比べるとかなり低カロリーですね。

1-2.焼酎

焼酎のカロリーは70kcalぐらいと言われています。

ハイボールと同じぐらいなのでお酒の中では低カロリーの部類に入ります。

本格焼酎はカロリーが低い上に香りや味がしっかりわかるので水で割っても美味しく飲めるので
ダイエット中には特にお勧めです!!

ダイエット中は徹底して糖質を抑えたいという方は
本格焼酎を水やお湯、ロックで飲むのが一番太りにくく美味しく飲める方法といえるでしょう。

善玉コレステロールを増やし、血管に付着した余分な悪玉コレステロールを排出してくれる
作用があるのもポイントです。

「ウロキナーゼ」という成分が血栓を溶かして血液をサラサラにするという結果も出ています。

1-3.ウイスキー

ウイスキーは糖質を含んでいません。太りやすい原因は糖質の過剰摂取だということは
分かっていると思います。

しかし、糖質がゼロだからといって、ウイスキーは0kcalというわけではありません。
お酒はアルコール7kcal/gを含んでいます。
なので糖質が少ないお酒を選ぶのがベター。

あと、ウイスキーにはエラグ酸があります。
これは糖尿病の予防や美白効果もあるので女性には頼もしい飲み物でしょう。

2,ダイエット中に飲んではいけないお酒ベスト3

2-1.ビール

お酒といえば、ビールが思いつくのではないでしょうか?

お酒が苦手という方以外は、ほとんどの方が好きなビール!

さあ、気になるビールのカロリーは、、、、、
中ジョッキ1杯145kcalもあります。

カロリー的にもそうですが、ビールで一番怖いことは、ビールと一緒に食べる揚げ物やおつまみ
です。美味しい揚げ物やおつまみがあるのでビールが進む。ビールが進むので揚げ物やおつまみが
美味しくなりついつい食べ過ぎてしまう傾向になってしまうのです。

糖質0のビールもありますが、原料に含まれている糖分が残らないように製造したもので
糖質が100ml中0.5g未満のものは「糖質0」と表示しても良いことになっております。

ただ、糖質0やオフのビールには、飲んだという満足感を与えるためにアルコール度数を
高めている商品もあるので、この場合普通のビールよりカロリーが高くなっているので
注意が必要です。

2-2.日本酒

日本酒も男性女性共に好きな方が多いのではないでしょうか?

寒い季節は熱燗などが美味しい季節でもありますね。

日本酒はカロリー的にはどうなんでしょうか
日本酒のカロリーは1合200kcalとなっておりカロリー的には高カロリーです。

家で日本酒を1人で飲むことはあまりないと思います。
飲むとしたら、外食で飲む機会が多いでしょう。
飲み終わったらそのまま家に帰って寝るというパターンでしょう。

しかし寝る直前は身体が活動的である昼間の時間帯と比べると
エネルギーが消費されにくいです。

エネルギー消費が少ない深夜や寝る前に日本酒を飲めば太る確率は高くなるのは当然ですね。

寝る前には体温が下がりますが、これは代謝の量が落ちている証拠です。

この落ちた状態で寝てしまうと代謝しきれなかったアルコール成分のカロリーが体内に蓄積
されていくのです。

日本酒で太りたくなければ、最低でも寝る2時間前ぐらいには飲酒を辞めておきましょう。

2-3.ワイン

女性に人気のワイン。カロリー的には75gとそんないうほど高カロリーではありません。
糖質もビール3.1gや日本酒4.1gに比べると、1.5-2.0gと高くありません。

では何故ワインがダイエット中に飲んではいけない
Ngなお酒として知られているのでしょうか?

それは、ワインを飲むと「おつまみ」が欲しくなるからです。
チーズ・生ハム・ナッツ類・ドライフルーツ・チョコレートなど、、、、
カロリーが高めのもの、糖質が高めのものが含まれています、、、

食事の前とかにワインを飲むと、胃腸が刺激されて食欲が増進するので
空腹の時とかにワインを飲むのは避けたほうがいいでしょう。

またワインは肝臓に負担をかけやすいので、鶏肉のささみなどのタンパク質や
海藻などのミネラルが豊富な食べ物と一緒に飲んだ方がいいでしょう。

3,その他のお酒

3-1.カクテル系

2種類以上の飲料がミックスされたカクテル。カクテルはビールやウイスキーに比べると
甘く口当たりが良いので太るお酒なのでしょうか?

結論から言うと、カクテル系もおつまみが進むのでダイエット中はNgなお酒になります。

カロリーはカクテルの種類によって変わってくるのですが、基本甘い系の飲み物は
カロリーも高いと思っていただければと。

3-2.サワー系

お酒がそれほど強くない方でも、ジュースに近いサワー系のお酒なら飲めるという方も
多いのではないでしょうか?

レモンサワーやカシスオレンジなど人気のサワーで143kcalほどです。

しかしレモン自体はビタミンCやクエン酸が入っているので栄養はあります。
なのでレモンとカロリーが低い焼酎で割って飲む飲み方がいいかもしれませんね。

まとめ

色々と述べましたが、お酒で気になるのは一般的にはカロリーですが、それ以上に
怖いのがお酒は「おつまみ」が進んでしまうものということです。

外食して「お酒は飲まないでください」とまでは言いません。お付き合いとかあると思いますので。

が、「2杯だけとか」「今日は飲む日だから明日は抑えよう」などとOnとOffはしっかりしないと
結果はもちろんですが出ません。

カロリーとかを考えるのがしんどいという方は、先ずは量を意識してみましょう。

神戸・三ノ宮のパーソナルトレーニングはDoDoPepへ

神戸・三宮でパーソナルトレーニング・ダイエットジムをお探しなら、是非「DoDoPep(ドゥドゥペップ)」をご検討ください!

当ジムの特徴は、

  • 全部屋が壁で区切られているので、人の目を気にすることなくトレーニングに集中できます!
  • 各線主要駅である三宮駅より徒歩3分の好立地で、とことん通いやすさを重視!
  • ウェア貸出無料なので、手ぶら来店できる!
  • シャワールームも完備!仕事前の朝活や仕事終わりのリフレッシュにもってこい!
  • 担当するのは医療系国家資格を保持したトレーナー!不調や機能回復へのアプローチも可能!
  • 利用毎のアルコール清掃は当たり前、さらにジム内すべてに無機のガラスコーティングを塗布、防菌・防カビ・防塵対策

を行っております!

特にお客様及びトレーナーへの健康被害の抑制は他ジムでは真似できない対策を行っております。
全てはDoDoPepをご利用いただくお客様の為、この点に関しては妥協いたしません!

少しでも当ジムに興味出て参りましたら、現在開催中の「初回無料カウンセリング」でDoDoPepを体験してください!

パーソナルトレーニング・ダイエットジムを選ぶ際の最大のポイントは、設備や有名かどうかではなく、実は「トレーナーとの相性」です!
パーソナル、つまりはマンツーマンでの指導となりますので、やはりトレーナーとの相性は重要になります。

さらに「通いやすさ」!
トレーニングで最大の結果を得るためには、やはり継続が重要です。
ご自身の生活リズムにそぐわないことは続きません。

仕事帰りや休日の日に初回無料カウンセリングをご利用いただき、通っている生活を疑似体験することは双方にとって大切なことになります。

あなたにとって最高においしい自己投資となるよう、生活リズムや環境に配慮したご提案をいたします!
新しい自分への第一歩、神戸・三宮のパーソナルトレーニング・ダイエットジム「DoDoPep」へのご連絡をお待ちしております!

↓↓↓↓ご予約はこちら↓↓↓↓
<DoDoPep公式ライン>LINEでかんたん予約!

PAGE TOP